MENU

脱毛できる部位と出来ない部位を徹底解説

脱毛といえばどのファクターも力添えができるのが一般的です。

最近では、体内脱毛でも何十ケ所ももらえる団体も増えてきていますし、横や足、味方や背中、風貌などほとんどのきっかけは制御が可能といえるでしょう。

ただし、それでも制御ができない住所は存在します。

例えば、粘膜部分は基本的に制御はできない部位に当たる。

ハイジニーナ脱毛においても、I形の周辺の体毛は力添えできますが、粘膜部分の体毛の力添えは行えません。
また、鼻の中の粘膜住所なども制御ができないことになってある。

その他で、火傷の恐れがあるので制御できない住所として、染みを起こしているところです。
染みや黒住になっているって、それがエステティックサロンでの明かり脱毛であってもビューティー病棟の診査脱毛であっても照射したときに毛だと認識されてしまう恐れがある収支火傷をしてしまう可能性が高いのです。

その他に、タトゥーが入っている部分も染みと同じ理由で火傷をしてしまう恐れがあるのでできないとされています。

また、スキンがかぶれていたり炎症を起こしている部分の制御自体を断られることがあるので、かぶれや炎症が治ってから制御を受けるようにするか予め自分で確認しておくことが大切になります。